マンション取引の査定にかかる総額において

マンション譲渡をするときに、不動産団体に査定を依頼したとき、不動産団体のカウンセラーが対応してくれて、往訪までできるでしょう。ですから、不動産団体にとっては経費が発生していることになります。では、それは誰が支払うことになるのでしょうか。マンション譲渡をする顧客が支払わなければならないのかというと、そのときに払う必要はありませんし、後から請求されることもないでしょう。というのも、不動産団体はマンション譲渡を通じて紹介手間賃を受け取れるからです。売り買いが達成すれば紹介手間賃を感じ取ることができて、それ以外のパーツで手間賃を要求することはできません。法律で禁止されているからです。不動産ディーラーは、売り買いが成立したときにのみ紹介手間賃として代価を感じ取ることができます。査定だけを行った場合には、そのときに経費がかかっていたとしても、売り買いが成立しなければ手間賃を払う必要はないのです。紹介手間賃以外に各種費用を要求された場合には、払う必要はありませんし、まともな不動産団体なら要求することはないでしょう。ですから、時間さえ許すのなら、多くの不動産団体の査定を通して、各社がどれくらいの料金を提示するのかを調べるのは良い方法です。