ユーズドマンション査定は築年季がどのくらいでいくらになるのか

ユーズドマンション査定には、次のような問いがあります。築年数、share部分の施設、前文フロアか下フロア、維持の様相、院内施設、ベクトルって日当たり、騒音やバイブレーション、平安、アクセスなどが関係してくる。その中でも、ものすごく関係して生じるのが、築年数です。マンションの新築から15層までは、1層につき−1.5百分率が査定の評価基準になっています。再び、同じく16層〜20層は通年につき−2.0百分率として、21年以上では1年ごとに−2.5百分率の増加となります。査定サーチから言えることは、ユーズドマンション受け渡しの時は、新築から10層が一つの大きなメリットとなることが分かります。新築から15層はユーズドマンションのプライスの減少が非常に激しく、その後はプライスが少々落ち着くというのが通説となっています。但し、築年数ばかりにとらわれ過ぎると、他のメリットを取り逃すことになるのでさまざま気をつけたいものです。ユーズドマンション査定を通じていくらで受け渡しできるかは、その他の指標も加味した上で最適なプライスが設定されることになります。