下フィールド取引の投資

下点の売却ですが、地主が借地お客に売れれば円満に解決するのでしょうが、借地お客が買い取れないところ、どうも第三者に売ることになります。なので売るときの時価ですが、下点の方角価における金世評割合は30〜40パーセンテージであることが多いです。但しその金額で売り払えるかといえば、そうではなく、貰う皆さんはそこから一層値を下げて来る。集計を下げないと貰う皆さんはベネフィットになりませんから。

なので地主として大事な大地を全く安く売ることになるから、そういう安い値段で売らなくていいように、借地特典を借地人から買い付けるべきです。買い取れれば借地特典の障害は無くなり、普通の大地として売れます。それはそれで今まで地代を取って来た分をいくらか明け渡すことになりますが、立ち退き料として仕方なく払ってあげましょう。

下点は借地お客に売らないと、普通の大地に対して相当安くなるので、下点のままで第三者に売るとすれば時価類に方角価の2,3割を覚悟することになります。ですから借地人から借地特典を買取り普通の大地として売ることです。