外人にマンションを売る際の加入切り口

近年中国人を中心に分譲マンションを購入する外人が増えています。マンションを売る際には己計測や自宅貸出、書き込みの委託など様々な苦悩が浮かび上がります。外人がマンションを売る時に必要な己計測書類は写真付インプット認可やパスポートの複写が必要です。インプット認可とは区や市町村役場で発行されるものです。己計測は住人票の代替えとなるインプット原票ものマニュアルや権利動き書き込み委託ら必要となる付属知識が載った付属書類が必要となります。入会締結時に必要になる結果売却時までに用意しておかなければいけません。購入時で自宅貸出などの貸出を組む事はできませんが、永住許諾を受けた者のみ貸出を組む事が出来ます。売却時に売主は日本にいる以上実印と印章認可が必要となります。印章認可以外にも大使館が発行する「表れ認証」でも良いです。実印はコンシェルジュと繋がる裁判書士に任せても書き込み事情認証知識に押印が必要になるので用意しておきましょう。