新築マンションを売るといった負けるのか

新築マンションである状態、それを売ると損をすることになってしまうのでしょうか。

これは、マンションの取引を職業としているマンション組合や不動産組合が、新しく建てたマンションを売るについての言葉なのではなく、徹頭徹尾不動産売買として、新しく建てられたマンションを購入した人が、それを売るについての店なのでしょうが。

こんな不動産売買が目的である場合には、屋敷を売ってしまって大もうけ的利益を得ることにするのか、それともそれを賃貸することで、長期的に一定のギャラを継続的に得て行くことに講じるのか、といった選択の問題になるきっかけなのです。

では、新築であるのに売ってしまえば損失になってしまうのかといえば、あんまりそんなにとは言えず、もしその人がすぐにでもまとまった現金を必要としている場合であれば、販売にてそれを受け取れるわけですから、そんなふうにとは言えないということになります。

但し、そういった急迫した環境には薄い場合であれば、賃貸することで長期的に安定した収益ができるせっかくの屋敷を、売却してみすみす手放してしまうのは賢明ではない、に関してになるわけです。